POEMS症候群発症まで 38

今日外泊予定だった夫を12時に迎えに行った。
病棟のスタッフステーションで外泊届けを出した時にえらく顔がぐったり疲れてそうな担当医と遭遇した。
夫は明日別の病院に検査を受けに行く予定で、その書類(?)とかがどっさり封筒に入ってるものを渡されたばかりだったので、これつくるのに大変だったのかなぁ?と思ったり。
少し話してさぁ買い物いくぞーと車へ。
今日はてんぷらを作る予定だった。
スーパーに行くと私は買うものがあったので別フロアに寄った。
事件はそこで起きてしまった。

胸水を抜いてから咳をしなくなった夫が変な咳をしはじめた。
トイレ行くって言いながら歩きはじめたと思ったらしゃがみこんだ。
うげぇーって吐きそうな様子になったので持ってたパーカーに吐かせようと思ったんだけど、吐くものがなかったっぽくて出ない。
トイレに行こうと立ち上がったらそのまま倒れてしまった。
私は本当にパニックになってたと思う。
お願い救急車呼んでって叫んでたのといやだいやだいやだってずっと叫んでた記憶しかない。
頭を思いっきりぶつけたので頭を動かして下に何か挟もうとしたんだけど、何だかよくわからない。
そばにいた人(多分店員さん)が頭を動かさないでって言われて、指示に従い私のかばんを枕がわりにはさんでもらった。
救急車が到着するまでこんなに長いんだなって思いながら、目にいっぱい涙をためてたというかぴーぴー泣いて夫の手を離さなかったのだけは覚えてる。
音はするのになかなかストレッチャーがこない。
その間店員さんが一生懸命周りから見えないように囲ってくれたり、夫に話しかけたりしてくれてた。
私、ほんとぴーぴー泣くだけ。
救急車を呼んでくれたのはお客さんだったみたい。
その人にお礼も言えなかった。
1月に日赤の救急員養成講習に行ってたのに何もできなかった。
救急隊員の人には入院中の病院に搬送してもらうようお願いし、救急車が来る前にスタッフステーションに電話をして事情を説明してこれから戻ることを伝えた。
で、あとは搬送されるのを待つばかりだった。
担当してる医師の名前を聞かれたので、主治医は今日見かけてないけど担当医を見たのを思い出したので担当医の名前を出した。
でもなぜか連絡がうまくとれなかったのか搬送してもらえない。
この時間が本当に長かった。
ようやく車が動き出し、救急車に乗りながら知ってる道で病院に戻る。
途中救急車来てるのに走ってる車とかどかないバイクとか歩行者とか本当に「どいてよ!!!」って思いながら病院につくまでまたぴーぴー泣いてた。
病院についたら、見慣れた看護師さんを見たせいか少し落ち着いてきたような気がする。
でもやっぱり頭はまだパニック。
救急外来のほうで頭部のCTをとることになって担当医がきたんだけど、当時の状況を聞かれたので説明したんだけどちゃんと説明できてたのかこれは今でもわからない。
血圧も頭部も心電図も異常なし。
これは本当に安心した。
しばらくして担当医が来て説明してくれて、原因はわからないけどとりあえず大丈夫っぽいことが判明して一気に緊張がほどけた。
夫のそばで少し様子を見て、車をとりにスーパーへ。
店員さんに先ほどのお礼を言い、買い物をして車を家に戻した。
途中道を間違えて「なんでここで曲がったんだろう?」と自分でも苦笑い。
実は病院から出た時車の中で「明日のことを考えると胃が痛い」と私はずっと言っていた。
本当に怖いんだ。
もしPOEMS症候群だと言われたらどうしよう。
私は彼を支えることができるのだろうか?って考えると本当に怖い。
いろいろ考えたくないこともやっぱり考えてしまう。
私が胃が痛い、やだやだやだってずっと言ってたのがストレスになったんだと思う・・・。
家に車を置いて病院に戻った。
今日は1日安静で点滴。
食事は食べることができた。
スーパーで惣菜を買ったので一緒に病室で食べた。
私が食べてるおはぎをじーっと物欲しそうに見てたけど「あげないよ!ここは病院だからちゃんと食事守らないとだめだし!」(注:低タンパク食を病院でだけ食べている、外泊の時は好きな物を食べていいと主治医から言われている)と言って頑張って拒否した。
あんこ好きな夫にとってはおはぎは食べたくてしょうがなかっただろうけど、今回はぐっと我慢してもらった。
明日いよいよPOEMS症候群の検査をしに行く。
どんな結果になるかわからないけど、受け止められるかも今日で自信がなくなったけど、頑張るしか私にはできないんだ。
どっしりどんとこいって言える強い心がほしい。
今日の件でとっさの時に私はまるで役に立たなかった。
だからせめて強い心がほしいんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です