POEMS症候群 休薬29

2021/5/26に通院。治療開始が2013/5からなので、丸8年経過です。

今回からしばらくの間、担当の先生が交代になりました。病状や検査の内容には、大きな変わりはなく、経過は良好です。握力測定も前回同様(右:42kg、左:39kg)。VEGF(前回検査時:166→160)も横ばいでした。

血清VEGF(pg/ml):309(2014/10月)→423(11月)→274(12月)→257(2015/3月)→175(6月)→214(9月)→155(12月)→158(2016/2月)→213(5月)→217(8月)→167(11月)→189(2017/1月)→200(2017/4)→165(2017/7)→234(2017/10)→258(2017/12)→187(2018/3)→ 209(2018/6)→ 158(2018/9)→190(2018/11)→168(2019/2)→173(2019/5) →174(2019/8)  →139(2019/10)→242(2020/1)→
131(2020/4)→169(2020/8)→166(2020/11)→160(2021/2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「POEMS症候群 休薬29」への2件のフィードバック

  1. 初めまして、長期の検査の結果、POEMS疑いまでこぎつけました。
    血清VEGFは保険適用でないと思いますが、自己負担されているのでしょうか?

    1. 遅くなり申し訳ございません。POEMS疑いとのこと、お大事になさってください。
      コメントいただきました、血清VEGFについては、保険適用ではなかったのですが、今年の6月ごろから保険適用になったそうです。
      製造や流通、各医療機関での対応など、隅々まで行き届くには、もう少し時間がかかるかもしれませんが、今後は診断や定期的な検査が行いやすくなりそうです。

      http://www.saitama.med.or.jp/hoken/iryouhoken/shiryou/2020/257.pdf
      https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000777820.pdf

      保険適用されるまでは、基本的に自己負担になるものですが、私の場合は、大学病院のご協力で(おそらくは研究費などから)、VEGF検査について費用を負担してもらっていました。