POEMS症候群発症まで 26

注:この日記はSNSで公開してたものを過去ログとして穴埋めしています

 
昨日は夫がPET-CT検査。
書類が必要でその後役所に行く。
今日は外来診察。
先週の血液検査は特に数字の変動がなく、昨日のPET-CTのほうが収穫はいっぱいあった。
診断名は下ってないけど、どこに今異常があるかはだいたいわかってきた。
現状リンパ、脾臓、骨髄とちょっと予想外の場所に反応が出てます。
腹水と胸水がかなりたまっており、本日は腹水を少し採取し検査にまわしました。
来週に血液内科の受診予約が決まり、近日中にでも骨髄穿刺をすることになるだろうとのこと。
ただ血液検査では悪性腫瘍の反応をあらわす数字が出てないよう。
医師は悪性リンパ腫を疑ってたみたいだけど、どうも違うようです。
この病気より悪いことはないだろうと思ってます。
(注:結果的にこれ以上の病気だったのですが、この時点ではPOEMS症候群の話題は医者からも出てません)
ただ不思議なことに、私も夫もお互い口には出さなかったけど、ある程度覚悟はしてました。
で、どんな病名をつげられても治療し乗り切ろうと昨日話し合いました。
結婚式の「やめるときも健やかなるときも」ってある意味当たってますね。
腹をくくると人間落ち着いてくるようで、今日は義両親が外来に来たんですが、一応私の考えを聞かれたので、思ってることを答えました。
(注:義両親に聞かれたこと・・・病院を変えるべきじゃないかということ。この時ははっきりと「検査中の段階で病院を変えてもまた検査のやりなおしになるだけで時間の無駄を作るだけです」と。病院を変えることはいつでもできる、まずはやれる検査をやりつくしてからさらに考えればいいというスタンスで説得しました。)
まずは血液内科での骨髄穿刺で必要ならまた考えるつもりです。
途中経過で中途半端な結果しかまだ出てませんが、もうちょっと頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です