POEMS症候群発症まで ⑪

注:この日記はSNSで公開してたものを過去ログとして穴埋めしています

 
実は昨日久々に出勤した夫、仕事終わって帰ってきたら胸が痛いと言いはじめた。
最初は咳のしすぎで筋肉痛になったのかもと言ってサロンパスはってたんだけど、どうにも痛いみたいなのでいつもの病院にまたまた電話し救急で診てもらいました。

今回はちょっと原因の一部らしき手がかりが見つかりました。
というのも左胸~真ん中あたりが痛いので心電図をとったんですね。
でもそれは異常がなくてその後レントゲンをとったら、今回は肺に影がうつったとのこと。
確かに痛い側に影がうつっており、これが今までの炎症反応が出てる原因の1つかもしれないと言われる。
だけどやっぱり痛み止めをもらって帰される。(苦笑)
病院に泊めてくれよ・・・。
今朝も痛いというので車乗せて病院の外来へ。
外来で入院決定。
先生から「入院して検査するつもりはありますか?」と聞かれたので「お願いします」と答えました。
今朝二人で「入院して精査してもらうためにちょっとおおげさに具合悪いと言えばいいんじゃないか」と言ってた。
だけどそんな必要なかった。(苦笑)
で、症状的に結核の可能性も否定できないとのことで、3日ほど隔離されることになった。
とは言っても入室するときはあひる口みたいなマスクをつければ大丈夫らしい。
3日タンを出して検査して陰性だったら大部屋に移動になるそうだ。
だけどタンが出ないのでそもそも検査事態が難航してる。
夕方は1度家に戻って入院荷物を持ってきて、義母を出迎えて面会して、駅まで車で送り、実母とお好み焼きを食べに行きました。
この頃夫は生もの禁止だったので、生魚は一切食べてない。
あと野菜も基本熱を通すようにしてた。
野菜の生はよく洗えば大丈夫と言われてたんだけど、何となく心配で。
だから大好物のサラダはつくってなかった。
油っぽいものも受け付けないので揚げ物は避けてた。
彼の好物のから揚げやコロッケは作らなかった。
だからそのせいか夜は「なんか焼いてる肉ってかんじの肉が食べたい」と言ってお好み焼きに行き、そこでステーキを食べるつもりがメニューみてたら牛タンがあって牛タンに変えてしまった。(苦笑)
満腹になって帰って来たんだけど、思いのほか体重が増えてなかったのはやはり気づかれのせいかなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です