POEMS症候群にサリドマイド療法が有用

先日行われた第57回日本神経学会学術大会にて、千葉大学病院神経内科の三澤園子先生がサリドマイド療法が有用であったことを発表しました。
世界初のランダム化比較試験で検証(J-POST10)の結果が発表されたものと思われます。
記事はこちらにて。
有効な治療方法として保険適用されるといいのですが。
あとは血清VEGFの保険適用ですね。
こちらも叶うといいんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です